県民の皆様により県内各地で
森づくりが支えられています

皆様から頂いた『ひろしまの森づくり県民税』により,平成19年から令和3年までの15年間で約6万ヘクタール存在した手入れ不足となっている人工林を約1.4万ヘクタール解消しました。
また,3.8千ヘクタールの里山の手入れを行うとともに,県民の皆様方による森林保全活動などに対してご支援させていただくことで,皆様方が県内の森林を守り育てる活動などに取り組んでいただきました。
ここでは,これまで取り組んだ事例の一例を紹介します。

人工林対策 ~ 森の機能が回復しました ~ 【補助金事業】

間伐で,明るく,たくましい森に復活しました!
適当な間隔で木を伐採(間伐)することで,地表に日光を取り込みやすくするとともに,樹木の健全な育成を助け,水を蓄える働きや災害を防止する働きなどを回復するための取組を進めました。

撮影:世羅町内の森林

Before

スギやヒノキなど人の手によって生まれた林は,間伐をしないと林内が暗くなり下草が生えなくなります。このままでは,土砂が流出しやすくなり,また水を蓄える機能が低下してしまいます。

After

間伐をして林内に光を入れたことで,下草が生える環境になり,土砂の流出を防いだり,水を蓄えたりする機能が発揮される状態になりました。

他にも,手入れ不足となっている人工林を
再生するための取組を進めています。

管理のための道をつくりました
雪折れや台風による被害を復旧しました

里山林対策 ~ 健やかに暮らせる里山に ~ 【交付金事業】

みなさんの暮らしや身近な景観も明るく元気になりました!
地域に身近にある里山林において,マツや広葉樹などの里山林の手入れなど,地域の課題やニーズに合わせて市町ごとに様々な整備をおこないました。

撮影:安芸高田市内の森林

Before

農地の近くの生い茂った里山林には,イノシシなどの野生生物が隠れるところがたくさんあります。

After

生い茂った里山の木を切って,野生生物が住みにくい環境をつくることで,農作物の被害が発生しにくい環境をつくりました。

他にも,身近な里山を守り育てるための
様々な取組を進めています。

倒木などにより荒れた山を整備しました
松くい虫など病害虫の拡大を
防止するための
取組を進めました

県民の皆様が取り組む森林保全活動を支援しました

森林の整備で最も一般的な機械がチェーンソーですが,使い方を知らないと大けがをするため,安全な作業に取り組むための講習会の開催を支援しました。(北広島町)
地域住民が主体となって行う共有林の維持管理活動と,今後も継続的に行うための体制づくりを支援しました(福山市)

明日のひろしまを担う子どもたちに
森の大切さなどを体験してもらう活動を支援しました

レクリエーション感覚で山林の良さを楽しめるよう森林整備等を行い,子どもたちを対象とした自然体験教室や森林体験会を開催していただきました。(安芸高田市)
小学校において,森林の中に身を置き,豊かなめぐみを実感しながら,森に親しむことで,その大切さを学ぶ学習に取り組んでいただきました。(北広島町)
県産材の利用促進や,森林を守り育てる担い手の育成促進の一環として,小学校において県産材製品の組み立てを行う体験授業を実施していただきました。(竹原市)
次世代を担う子ども達を対象に,積み木やARを活用して木のぬくもりや地域資源の大切さを伝える取組を実施していただきました。(広島市)

森の恵みである木材を使うための取組を進めました

広島県産の木材を使うことがひろしまの森林を元気にすることにつながるため,県産材を使用した住宅の普及や公共施設等への木製品の設置,木質バイオマスとしての有効利用など,県産材の利用を促進しました。

最も多く木材を活用する住宅に県産の木材を使っていただく取組を支援することで,県産材の利用拡大を図りました。
建築士の方々に対し,木造設計の技術の向上を目指した支援を行うとともに,森林林業・木材産業,工務店の方々と連携し,広島県の木材を使っていただけるための取組を推進しました。

取組内容(取組実績)は,県のホームページでも公表していますのでご覧ください。

ひろしまの森づくり事業 情報ページ

pagetop